知的財産関連法制

今日の事業活動には欠かせない発明、デザイン、トレードマーク、著作物や営業秘密といった知的財産に関し、知財戦略の構築から紛争解決に至るまでシームレスにサポートします。

特許権・実用新案権・意匠権・商標権
知的財産分野において豊富な実務経験を有する専門家が、特許権等侵害訴訟及び審決取消訴訟や特許庁における審判に代表される紛争解決のみならず、権利行使の場面まで見据えた上で契約書作成やご相談に対応します。また、特許庁への出向経験を有し職務発明に精通する専門家が、職務発明規程の整備から相当利益請求訴訟に至るまでサポートします。
著作権
文化的創造物のみならず、IT分野においても著作権法を正確に理解して対応していくことが必要不可欠です。当事務所では、文化庁への出向経験者を筆頭に豊富な著作権実務経験を有する専門家が業界や著作物の特質を踏まえてきめ細かな法的アドバイスを提供します。
営業秘密/不正競争
近年ますます重要となっている営業上・技術上の秘密情報に関し、社内における営業秘密管理について全体最適な体制を提案し、営業秘密をめぐる紛争解決に対応します。また、商品・役務に関する表示や、商品形態の模倣といった不正競争行為に関する法律問題にも対応します。