外部セミナー
2019.11.29

Legal Innovation Conference ~リーガルテックの現在地~

セミナー名
Legal Innovation Conference ~リーガルテックの現在地~
開催日時
2019年11月29日(金)13:00~18:30(12:15受付開始)
※尾西弁護士は15:55~16:45の「テクノロジー活用事例と変化する法務部門の機能・プロフェッショナル像」に登壇予定です。
講師等
会場
ベルサール半蔵門 2F HALL A+B
会場住所
千代田区 麹町1-6-4 住友不動産半蔵門駅前ビル2F
イベント主催
BUSINESS LAWYERS、 弁護士ドットコム株式会社
関連業務分野
お申し込み・お問い合わせ
詳細
契約書のレビュー・管理や翻訳、契約締結などの分野で、法務業務のあり方をテクノロジーにより変革する「リーガルテック」サービスの普及が加速しています。また、企業経営においてコンプライアンスやガバナンスの重要性が高まるなか、これからの法務部門にはリーガルテックの利用はもとより、事業部門とのコミュニケーション円滑化やナレッジ共有促進等のためのテクノロジーの活用も求められます。
すでにリーガルテックを利用している企業や、今後の活用を見据える企業をあわせると6割近くにのぼり、テクノロジーに関する知見や扱う力は、法務部門の強化や法務パーソンの個人スキル向上に直結しつつあるといえるでしょう。
本イベントでは、リーガルテック活用企業による講演や、ITサービスの提供企業による説明・展示をとおし、テクノロジーがもたらす法務の未来像を考えます。


15:55〜16:45 「テクノロジー活用事例と変化する法務部門の機能・プロフェッショナル像」 <登壇者> サントリーホールディングス株式会社 リスクマネジメント本部 法務部部長兼コンプライアンス室部長 明司 雅宏氏 尾西 祥平弁護士 法務部門におけるテクノロジーの導入目的とそのメリット・デメリット、現在の活用状況、今後の展望について概観するとともに、テクノロジーの導入に伴い変化が予想されるこれからの法務機能や法務人材の在り方について、法務部及び法律事務所の両観点から多面的な議論をお届けします。