事務所主催セミナー
2020.08.07

M&P Webinar「インドネシアフィンテックセミナー」

当事務所主催、M&P Webinar「インドネシアフィンテックセミナー」を開催いたしました。セミナーの視聴を希望される場合はページ末尾の「お申し込み・お問い合わせ」をご確認下さい。

セミナー名
M&P Webinar「インドネシアフィンテックセミナー」
講師等
井上 諒一
弁護士 Richi Sheyoputra(Guido Hidayanto & Partners法律事務所)
弁護士 Nur Eka Pradata(Guido Hidayanto & Partners法律事務所)
弁護士 Yohanes Brilianto Hadi (Guido Hidayanto & Partners法律事務所)
イベント主催
三浦法律事務所
関連業務分野
詳細
インドネシアにおいては、豊富な若年人口とスマートフォンの普及により、フィンテックビジネスが急速に発展しています。
日本企業の皆様もインドネシアのフィンテック事業に注目しています。もっとも、インドネシアにおけるフィンテック法制は複雑かつ改正のスピードが速いため、十分かつ正確な情報を取得することは困難です。

そこで、E-money規則、P2Pレンディング規則、デジタル金融イノベーション規則等、インドネシアのフィンテックに関する法令の基本的な内容を簡単に説明したうえで、以下の項目を掘り下げ実践的な論点を解説いたします。

・貸金業法の存在しないインドネシアにおいて、銀行以外のプレーヤーが消費者向け現金融資を行うために想定し得るストラクチャーとその法令・実務上の課題

・注目を集めているビジネスモデル(給料前払い及び保険デジタルプラットフォームを取り上げます)につき、既存のフィンテック法令等を組み合わせることにより、どのような形で実施する余地があるのか、またその法令・実務上の課題は何かの検討

・銀行とフィンテック企業等との協業に関する規制の検討

・レギュラトリー・サンドボックス制度の活用方法や最新の運用状況

講師はインドネシア法務に精通する当事務所の井上諒一弁護士に加え、インドネシアのGuido Hidayanto & Partners法律事務所のRichi Sheyoputra弁護士(フィンテック専門)、Nur Eka Pradata弁護士(保険、インシュアテック専門)およびYohanes Brilianto Hadi弁護士(バンキング専門)を招いてインドネシアのフィンテック事情について解説いたします。
構成
第1部:フィンテック関連法令概要(約20分)
第2部:ビジネスストラクチャーの検討(約1時間40分)
第3部:その他フィンテックの最新動向(約25分)
お申込み・お問い合わせ
本セミナーの視聴をご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

【お申し込みの際の注意事項】
・法律事務所に所属されている方や学生の方のご参加はご遠慮ください。
・本セミナーはクライアントの皆様への情報提供の一環として行っておりますので、事前に当事務所の承諾を得ることなく、セミナーの内容やこれに関する質疑応答を引用した報道や外部への情報発信を行うことはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
・フリーアドレスからのお申込みの場合はお断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。