NEWS
2019.10.01

西川 喜裕弁護士が入所しました

2019年10月1日付で当事務所に西川 喜裕弁護士が入所いたしました。


西川喜裕弁護士からのご挨拶 このたび、三浦法律事務所に参画いたしました西川喜裕と申します。 当職は2010年に弁護士登録をした後、ユアサハラ法律特許事務所にて特許権、商標権、意匠権、不正競争防止法などの知的財産権の法務案件に従事し、研鑽を積んで参りました。知財訴訟を多く扱う中で、クライアントの皆様にとって最良の知的財産戦略とはいかなるものかを日々考えるようになりました。より良い知財戦略を構築するため、知的財産権制度をより深く理解する必要があると考え、2013年から2年間、経済産業省の知的財産政策室に出向しました。経産省知財室ではクライアントの皆様と知財戦略について幅広に議論させていただく機会を得られたことに加え、平成27年営業秘密管理指針の全面改訂、営業秘密の保護強化に関する平成27年不正競争防止法の改正、不正競争防止法違反物品の税関差止等に携わって参りました。 これまでは知財系ブティックファームにて知財案件を中心に取り扱っておりましたが、三浦法律事務所では理念を同じくするさまざまな専門性を持った弁護士が集結しており、今後は、いかなる案件であってもクライアントの皆様に必要とされるサービスをフルカバレッジで提供することができるのではないかと考えております。私自身もこれまで培ってきた知識、経験を活かすとともに更なる知見と専門性を深めるべく日々精進を重ね、クライアントの皆様のご要望に的確にお応えできるよう、誠心誠意職務に邁進する所存です。 2019年10月吉日 弁護士 西川喜裕