外部セミナー
2019.09.26

事業法人向けリスク対策セミナー「日経リスク&コンプライアンス ワークショップ ~反社会的勢力排除に向けた取引先デューデリジェンスの実務と高度化~」

セミナー名
事業法人向けリスク対策セミナー「日経リスク&コンプライアンス ワークショップ ~反社会的勢力排除に向けた取引先デューデリジェンスの実務と高度化~」
開催日時
2019年9月26日(木)14:00~16:30(13:30受付開始)
講師等
会場
PCカレッジ東梅田校 Bルーム
開場住所
大阪府大阪市北区太融寺町5-13 東梅田パークビル2階
イベント主催
日本経済新聞社 デジタル事業 情報サービスユニット(協賛:日経メディアマーケティング)
関連業務分野
お申し込み・お問い合わせ
詳細
「取引先の確認体制の評価とレベルアップ」

近時、芸能事務所で問題となったとおり、企業においては、コンプライアンス体制の整備、とりわけ、取引先の確認体制を整備することは、企業の存続にもかかわる最重要課題です。仮に、取引先の確認体制が十分でなく、反社会的勢力等に対して意図せずに利益供与をしていたことが明るみになった場合、たとえその取引が故意ではなかったとしても、反社会的勢力の行為に結果として荷担したとして、社会から強い非難が巻き起こります。とりわけ、不動産取引には、巨額の資金が動くため、反社会的勢力等の恰好の餌食になります。

既に、多くの会社では、ある程度の体制整備はできていると考えられますが、自社の体制が、真に有効なのか、どこかに穴はないのか、同業他社と比べて遅れていないか、判例等の実務の進展に適合しているか等、常に体制整備の状況を評価し、レベルアップを図る必要があります。最近では、金融機関のみならず事業会社においても、自社の反社会的勢力排除体制に関する第三者評価を得る会社も増えており、実際、講師も複数の評価業務を行っています。

本セミナーは、最近の実務の進展による影響を含め、現時点でどの程度の体制を整備する必要があるのか実務的な観点から解説いたします。