NEWS
2019.06.26

渋谷オフィス開設のお知らせ

三浦法律事務所は、2019年秋の業務開始を予定して、渋谷の新たなランドマークタワー「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」に、渋谷オフィス*を開設いたします。

当事務所は、2019年1月に設立して以降、最重要分野の一つとして、イノベーションの創出及び促進に貢献することを目指して、リーガルサービスを提供してまいりました。今般、当事務所のかかる取組みを強化するため、イノベーションを起点とした街づくりを続ける渋谷に新たなオフィスを開設する運びとなりました。また、当事務所は、かかる取組みの一環として、「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」15階にオープンする「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」の連携パートナーに就任いたしました。

渋谷オフィスの具体的な開業日や所属弁護士などの詳細については順次発表する予定です。

当事務所は、渋谷オフィスの開設を契機として、実効性かつ永続性のあるイノベーション・エコシステムの構築と活性化に向けて、より一層精進して参る所存です。


2019年6月吉日
三浦法律事務所

*当事務所の各拠点は、弁護士法人エムパートナーズの従事務所として開設しております。三浦法律事務所と弁護士法人エムパートナーズは、業務提携契約を締結し、共同事業を行っております。


「SHIBUYA QWS」について: 「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」は2019年11月に開業する渋谷エリアで最も高い約230m・地上47階建の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」15階に誕生する会員制の産業交流施設です。「渋谷から世界へ問いかける、可能性の交差点」をコンセプトに、多様な人たちが交差・交流し、社会価値につながる種を生み出すことを目指します。施設の特長としては、渋谷ならではの多様な人々が年齢や専門領域を問わず集い、自発的・創発的に“問いの感性”を磨き合うことで可能性の種を生み出す「Scramble Society(スクランブルソサエティ)」。 大学をはじめとした様々な領域の外部パートナーとの連携から生まれる独自の「QWSプログラム」。 15階フロア全体を占める約2,600㎡の空間には200名規模のイベントが開催できる「SCRAMBLE HALL(スクランブルホール)」、様々な活動が行われ人々が行き交う空間「CROSS PARK(クロスパーク)」、交流や対話を促進する上質空間「SALON(サロン)」、新しい価値創造に取り組む場「PROJECT BASE(プロジェクトベース)」などの「多様でフレキシブルな空間」が挙げられます。 詳しくはSHIBUYA QWSのホームページをご覧ください。 https://shibuya-qws.com/ 本件に関するお問い合わせ: 三浦法律事務所 広報担当 TEL:03-6270-3350