現場で使える海外M&A法務実務の知識

セミナー名
現場で使える海外M&A法務実務の知識
開催日時
2017年4月18日(火)14:00~17:00
講師等
会場
金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
開場住所
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8
イベント主催
金融財務研究会
関連業務分野
申し込み・お問い合わせ
詳細
 日本企業による海外企業の買収は引き続き盛んであり、企業の法務担当者もクロスボーダーM&Aに直面する機会が増えています。例えば、英文による契約書の検討、交渉は法務担当者の重要な役割の一つですが、クロスボーダーM&Aの契約書は専門的かつ長文にわたるので、多忙な企業担当者は内容確認や修正コメントを法律事務所に任せがちです。しかし、当該企業の意向を反映し、適切な交渉結果を勝ち取るには、ビジネスを熟知した社内法務担当者の深い関与が不可欠なのは言うまでもありません。
 本セミナーは、クロスボーダーM&Aの手続全体や契約実務、常に生じる問題点に関する基本的事項を網羅し、企業担当者が案件を扱う上で最低限必要な知識を習得することを目的としています。契約書の仕組みや法的構造だけでなく、案件を担当したらすぐに使える実務のコツや工夫を、失敗例や成功例を踏まえながら解説します。

1.クロスボーダーM&Aの手続概要
(各段階で法務担当者が注意すべき事項や契約実務、各手続の法的意義を含む)

2.法務の典型的問題点の対応策(契約上の対応等)
・ ガンジャンピング
・ 売買価格の決定方法
・ 損害賠償請求の担保
・ 表明保証保険の利用
・ オークションでの作戦
・ 各分野のデューデリジェンス結果の契約書への反映
・ 重要マネジメントのリテンション
・ 買収後の従業員のリストラ
・ 相手方の損害賠償額の限定(上限、時効等)
  
3.クロスボーダーM&Aの典型的契約の大枠説明

4.契約書検討の進め方、法律事務所の使い方

5.相手方ドラフトにコメントする際の注意事項