EU、ドイツでのM&A最新トピック

セミナー名
EU、ドイツでのM&A最新トピック
開催日時
2017年11月8日(水)14:00~17:00
講師等
会場
金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
開場住所
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8
イベント主催
金融財務研究会
関連業務分野
申し込み・お問い合わせ
詳細
 昨今日本企業によるヨーロッパへの関心が再び高まりを見せています。
 今回は、特に日本企業の関心の高いドイツからM&Aの最前線で働く弁護士が来日し、現地最新トレンドについてお話します。前半では、①ドイツ企業を相手とした場合のM&A契約交渉のトレンド ②ヨーロッパでも関心の高まっているコンプライアンスリスクとDDでの対応を含むその対応策についてお話します。後半では、買収後に視点を移し、買収後の子会社の有効な管理に関して、日本とドイツの会社制度の違いを踏まえて解説いたします。また、最後に現在EUにて交渉中の英国EU離脱交渉の最新情報についてもお伝えします。M&Aを行う場合に今からどのような対応が必要になるのか、離脱後事業や会社の移転として例えばドイツへの移転は現実的なのか、など現地ならではの最新情報をお伝えする予定です。

1.対ドイツM&A契約交渉における最近のトレンド(リスク軽減策を中心に)
・売買価格メカニズムによる対応策   
・表明保証保険による対応策
 
2.コンプライアンス(汚職、独占禁止法、環境、差別、個人情報保護等)
・EU法と各国の規制の仕組
・重点を置くべきコンプライアンス分野(欧州当局の動きを踏まえて)
・最近のEU及び各国当局による可罰事例
・コンプライアンス違反の具体的リスク及び買収した会社のコンプライアンスを確保するための方法
 
3.PMI(コンプライアンス違反を防ぐ)
・ドイツの会社制度及び日本の会社制度との違い
・買収後子会社を適切に管理するための仕組み及びその導入方法
(レポーティングラインの設定、現地への本社人員の派遣等)
 
4.EU離脱
・離脱交渉最新情報 ・予測される今後のシナリオ 
・英国がEUを離脱した場合に日本企業が受ける影響
・ドイツに会社や事業を移転する場合の手続とは?現実性は?